プロミスの審査基準と入力情報の正確性

プロミスで申し込みをする際には、必ず個人データを送付する事になります。大きく分ければ、2つの方法で送付する事になるのです。

まず1点目は、紙媒体の申し込み書になります。年収などの個人データをペンで記入して、プロミスに送付する訳です。実店舗でしたら、窓口で提出する事になります。

それともう1つは、プロミスの入力フォームからの申し込みです。プロミスでは、WEBでも申し込みは受け付けているのです。上記の紙媒体の申し込み書と同じく、自分の個人データを入力し、プロミスに送信します。
もちろんデータを受け取ったプロミスは、その内容を元にして審査を行う訳です。その審査基準の1つは、内容が正しいか否かです。
もちろん個人データの中には、自分の氏名や生年月日などもあります。それを正確に記入しているかどうかは、確認される訳です。

番地なども正確に記入しましょう

また住所などもあります。もちろん番地なども、正確に記入する必要はあるのです。
それで上記のデータの正確性が、プロミスの審査基準の1つになります。例えば氏名が合っているか否かです。仮に氏名を間違って記入していると、基本的にはプロミスでは審査落ちになります。もちろんプロミス本人確認の書類などと照合して、その内容の正しさを確認する訳です。生年月日も同様です。

ところで上述の住所の場合は、実はプロミスで審査落ちにならないケースが目立ちます。例えば住所の番地などは、間違ってしまう可能性もあるでしょう。住所をうろ覚えですと、番地などを入力ミスしてしまう事はあり得ます。
その程度のミスでしたら、プロミスとしても審査に通してくれる事はあるのです。入力ミスと言っても、程度の問題がある訳です。

ただし番地の入力ミスなどがあれば、審査が長引いてしまう事はあります。プロミスとしては、やはり間違いがあると大変ですから、住所などもきちんと確認するからです。その分融資が実行されるまでに時間がかかりますから、正しいデータを記入もしくは入力するよう気を付ける必要があります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ