引越しが決まったらすぐにやるべきこと

引越しが決まったらすぐにやるべきことは、大きく分けて二つあります。それは、「不動産会社への連絡」と「荷物の片付け」です。

まず一つ目の不動産会社への連絡ですが、基本的に引越しする日の一か月前には不動産に連絡するのがベストとされています。引越しが決まっていても連絡しなかった場合、手続きが遅くなり日程がずれてしまうこともあるので注意した方が良いです。

また、二つ目の荷物の片付けについては、引越しをする2~3週間前から始めることをおすすめします。家の荷物の量によってかかる時間は変わってきますが、「捨てるもの」と「新居へ持っていくもの」は早めに分けておきましょう。「捨てるもの」が可燃ごみやプラスチックゴミなどの軽いものだけなら捨てるのもあまり手間にはなりませんが、ベッドやタンスなどの大型ごみがある場合は処分に時間がかかっていまいます。

家具や家電などの大型ごみを処分する場合は早めに不用品処分をしてくれる業者に連絡しましょう。不良品処分の業者は引越しの繁盛期になるとなかなか予約がとれなくなってしまいますので、引越し日が決まった時点で引き取り日を予約することをおすすめします。

新居へ持っていくものについては、段ボールを用意して少しずつ梱包しておくことで、ギリギリになって焦ることなく引越しができます。段ボールに梱包する際に注意する点は、「引越し当日まで使うものは別に分けておく」ということです。頻繁に使用するものを梱包してしまうと、せっかく梱包した荷物を広げて探さなくてはいけません。そうならない為にも、使用頻度の少ないものから梱包しましょう。

引越しの際の梱包や業者選びのコツについてはここでも紹介されていますので、まずはご覧下さい。
特に業者選びは、どこを選ぶかによって一万円単位の差が出ることが多いので、参考にして頂ければと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ