デスクワークの間に筋トレを行う

長時間のデスクワークでは背中や腰が痛くなってきたり、集中力が無くなってきます。
そこで1時間半から2時間を限度として、休憩を入れるようにしています。

休憩は30分程度取り、その間に筋トレを行うようにしています。
筋トレを数種類やることで、身体を動かすので、血行が良くなります。

少し多めの休憩ですが、この時間にゆっくりと休むことで、次のデスクワークも集中することができ、作業も捗ります。

短い時間でも休憩を入れることで、良い気分転換になり、効率が上がっていくような気がします。
以前は休みなしで何時間もデスクワークをやっていたことがありました。

もしくはトイレ休憩だけで、これといった休憩を入れずにやっていたら、集中力が持続しませんでした。
さらに、イライラが募り、ストレスが多くなり、途中で作業効率が下がってしまったことが何度もありました。

今は意識して休憩を入れるようにしています。
また、疲労感がある時は無理をせずに、とりあえず仮眠を取るようにしています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ