ごあいさつ

私たちが日常生活において、何気なく服用している、あらゆる種類のお薬ですが、これらには服用する際に知っておかなければならない事があります。このサイト「お薬との付き合い方を考え直すサイト」では、市販薬から処方箋薬まで、効用と副作用について見つめ直し、より自分に適したお薬との付き合い方を目指すための情報をお届けしています。

お薬との正しい付き合い方

お薬に対する考え方って本当に個人差がありますよね。
薬と聞いただけで毛嫌いする人、薬を飲んでいないと不安な人、適当に飲んで適当にやめてしまう人、実に様々です。

しかし、誰でもどうしてもお薬に頼らないといけない状況って起きてしまいますよね。
そんな時一番大切なことは正しく利用するということなんですね。

まず、絶対に守らなければいけないのが飲む容量。一回にどれだけ飲めばいいのか、何時間空けて次を飲めばいいのか、一日あたりの容量など、きちんと確認しておくことが大切です。
なんか効き目がないからもう少し増やそうなどと勝手に決めてしまってはいけません。
市販の薬も病院でだされる薬も最善の容量が示されていますのでそれを遵守することが効果を最大限に発揮します。

また、飲むタイミングも確認しておく必要があります。
食前、食間、食後、寝る前とありますが、食前食後はどちらも30分以内に、食間は食後2時間後くらいがよいです。
食事中ではないので注意を。また、寝る前も就寝30分くらい前がよいでしょう。
これも、薬の種類、性質によって工夫され決められていますので守ることが大切です。
複数の薬を服用する時、また食べ物との組み合わせに対しても注意が必要です。
飲み合わせによっては喉の乾きや便秘を引き起こしたり、また食べ合わせによって薬の効果が薄れたりしますので、薬剤師の方に必ず確認するようにしましょう。

薬の保管方法は、基本的には高温多湿、直射日光を避けるとよいです。特に長期間、毎日の服用を続ける必要があるお薬は、管理がいい加減になってしまいがちですので注意しましょう。
乾燥剤をいれてふたのできる容器にしまっておくとペットや小さいお子さんがいても安心です。
点眼薬などは冷蔵庫保存がいいものもあります。

薬には使用期限がないと思っている方も多いですが、やはり使用期限は存在します。
通常は3年ほどのものが多いですが、病院などで貰った薬は基本的に余ることはありませんので、言われた期日までに飲み終えるほうがいいでしょう。
たとえ残ってしまっても勝手にあとから服用するのは危険ですので薬剤師さんや医師に相談することが大切です。

お薬は、使い方によって効果が大きく変わってしまいます。正しい飲み方をこころがけましょうね。

おすすめサイト

  • 自動車保険は一括見積もりを行うことによって時間をかけずにお得なサービスを探す事ができます。インターネットでの見積もりについてはこちらの自動車保険見積もりをご覧下さい。
  • 借金に関する悩みなら何でもご相談ください。数々の実績を持つ債務整理 山口が必ず最適な解決策をご提案いたします。
  • 時間をかけずに最も便利な引越し業者を見つけることができます。インターネットでの一括見積もりサービスで数分の情報入力で最安値の業者を見つけましょう。
  • ロゲインのジェネリック医薬品であるカークランド専門の情報を紹介いたします。ジェネリック医薬品になるのでロゲインに比べコストパフォーマンスに優れているのが最大の特徴になります。
  • 新生活の大事な準備の一つがエアコンの設置です。確かな技術を持つプロが格安でエアコン取り付けを行います。

関連情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ